AIIB年次総会開催

「AIIB年次総会開催」

2016年7月22日 中川十郎

 

去る6月25~26日、AIIB(アジアインフラ投資銀行)の年次総会が57か国のメンバー国を

集めて北京で開催された。総会では初のAIIB融資が決定した。今年の融資目標の12億ドル(1200億円)のうち、4件への融資が決定した。

新たに加入を希望する東欧、ラテンアメリカ、アフリカなどの24カ国は2017年早々には加盟を認められる見込みである。そうなるとADB(アジア開発銀行)の67カ国を凌駕する

メンバー81か国の有力国際投資銀行がアジアに誕生することになる。ADB試算によれば2010~20年にアジアではインフラ需要が8兆ドル(800兆円)に上るが、融資可能な資金は世銀を入れても数パ-セントで、これらの膨大な資金需要には応えられないと見られている。その埋め合わせをAIIBが行うことが強く期待されている。

今回、話題になったのは世界から10人をAIIB顧問として招聘するが、その中に日本から鳩山由紀夫元首相の名前が挙がっていることだ。鳩山元首相は東アジア共同体研究所理事長として東アジ共同体構築について精力的に活動しておられ理想的な人選だと思われる。

AIIBの融資目標は16年12億ドル、17年25億ドル、18年35億ドルの予定だ。本年の融資額12億ドルの内、まず5.09億ドルを下記4プロジェクトへの融資を決定した。

①バングラデシュの地方電力拡大計画にAIIB独自の融資で1.65億ドル

②パキスタン・パンジャブ州の40マイルのハイウエー建設にADBと英国国際開発省との協調融資で1億ドル

③タジキスタンの首都ドウシャンベに通じる3マイルの道路混雑解消のための道路建設に欧州復興開発銀行(EBRD)との協調融資で2750万ドル

④インドネシア全国のスラム街の改善に世界銀行との協調融資で2.165億ドル

今回の上記4プロジェクトは政府関係プロジェクトへの融資に集中している。民間部門への融資は皆無で融資リスク管理を徹底していることがうかがえる。バングラデシュへの融資はAIIB単独であるが、他3件はアジア開銀(ADB)、欧州復興開発銀行(EBRD,世界銀行、英国国際開発省など国際金融機関との協調融資で慎重な対応をしている。

現在、総裁のほかに5名の副総裁。39名の行員と20人のコンサルタントで運用している。だが年末には100名体制に増員。さらに世界から有力なリーダー10名を顧問に委嘱する予定で着々と組織を固めつつある。バングラデシュは西アジアで急速に発展しつつあり、パキスタンは海のシルクロードへの出口、インドネシアは海のシルクロードの重要拠点。タジキスタンは陸のシルクロードの主要な結節点である。第一段階の融資案件としては戦略的な配慮をしていることがうかがえる。また財政的に健全、かつ環境面での配慮でフレンドりーで地域住民に受け入れられるプロジェクトを慎重に選定している。

米国と日本は環境保護、人権、反腐敗対策、透明性を問題視し、ブレトンウッズ協定の開発体制に挑戦するものだとして、AIIB不参加の口実にしているが、日本のこのような対応は時代に逆行しており、悔いを千載に残すことになるだろう。

25周年・第145回ビジネス情報研究会(2016-3-17)

PDFでのダウンロード: bisj-145-20160418invitaion

25周年・第145回ビジネスインテリジェンス研究会のご案内

会長・名古屋市立大学特任教授 中川 十郎

 

春の訪れを感じさせる今日、この頃ですが、皆様にはますますご清祥にお過ごしのことと存じます。さて本年212日に創立25周年に入りました当協会情報研究会は第145回研究会を今回は交通至便のJR新宿駅中央東口から徒歩1分の「柿傳」7階の安与ホールで、中國をはじめとする新興国の経済停滞、EU, 米国、日本の経済変調など激変するグローバル情報、経済、経営、金融、貿易問題、情報を中心に下記要領で開催することにいたしました。世界経済、金融、経営、政治に関心をお持ちの友人、知人もお誘いの上、皆様多数ご参加ください。

講演

1)『食の安全と危機管理~それを支える我が国の情報交流の力は』(PM6:10~6:30)

松延洋平・首都大学東京、ジョージタウン大学客員教授、元農水省種苗課長

2)『ドラッカーと新たな文明社会のシナリオ』(PM6:30~6:50)

山縣俊夫・ドラッカー学会会員、地球システム倫理学会会員、元日立製作所

3)『日本の貿易・投資・通商戦略』(PM6:50~7:10)

山田晃久・横浜商科大学名誉教授、元日本貿易学会会長、経済学博士

4)『グローバル人材開発について』(PM7:20~7:40)

車田直昭・光洋ヒューマンサポート社長・伊大使館一等書記官、元経済産業省

5)『激動する国際金融情報を読む』(PM7:40~8:00)

大井幸子・SAIL NY社長、米国証券会社勤務、経済学博士

6)『グローバル・データーの収集と活用法』(PM8:00~8:20)

三井悠理・日経メディアマーケティング

 

全体質疑応答;820~850pm、 閉会 900pm(希望者は講演後、自弁で食事)

 

日時;  2016年4月18日(月)6:00pm~9:00pm

場所: 「安与ビル7階・安与ホール」新宿区新宿3-37-11、Tel 03-3352-5120

JR新宿駅中央東口→出口より徒歩1分

参加費:3000円。学生2000円。(資料代含む。食事無し。出席前後に食事下さい。)

 

日本ビジネスインテリジェンス協会

 

 

25周年・第144回ビジネス情報研究会(2016-2-15)

2016年、申年の新年はサウジアラビアによるイランとの断交、北朝鮮による水素爆弾の実験と波乱万丈の幕開けとなりました。内外インテリジェンス情報の収集、分析、活用がますます重要になって来ております中、25周年の新年 2016年2月15日 第144回BISJ情報研究会(於:東京都港区六本木5-11-16 国際文化会館)を21世紀に食料、環境問題とともに重要となるエネルギー、特に再生可能エネルギーの将来に関して下記の貴重な発表を頂きました。
多数の皆様の御参加を頂きまして、誠にありがとうございました。

講演

1)『エネルギ-大国インドネシアのエネルギ-開発の現状』(610~630pm)

イーザ・エスロン駐日インドネシア共和国特命全権大使

2)『エネルギー・スマートシテイと地方再生プロジェクト』(630~650pm)

塩田 康一・内閣府地方創生推進室参事官、経済産業省より出向

3)『住宅用太陽光発電の一実像』(650~710pm)

石黒辰雄・前アンリツ副社長、元NEC取締役、C&Cシステム研究所長)

4)『フィリピンの将来とココナッツオイルプロジェクト』(720~740pm)

棟田寛人・フィリピンハタ―鉱山開発会社代表

5)『インドネシアにおける太陽光発電の可能性』(740~800pm)

相徳勝信・太陽光発電協議会顧問、元日本電子工業役員

6)『インドネシア向け再生エネルギープロジェクト提言』(800~820pm)

堀内道夫・光と風の研究所社長、千葉大学、静岡大学客員教授

 

日本ビジネスインテリジェンス協会 会長 中川十郎

23周年・第136回ビジネス情報研究会(2014-10-20)

第136回情報研究会は,11月の米大統領選挙を控え交渉が大詰めを迎えつつあり、賛否両論がかしましいTPP(環太平洋経済連携)について、反対の立場から論戦を展開しておられる国際アジア共同体学会会長・筑波大学名誉教授・当協会顧問の進藤栄一先生に「TPPの現状と問題点」についてご講演いただきました。さらに競争情報の研究で内外で活躍しておられる高橋正行・日本経済大学准教授(情報学博士)に「競争情報でビジネス競争に勝つ」、ビジネスインテリジェンスの日本企業への普及に尽力中の日本オラクル社・BI担当デイレクタ―の鎌田正広氏に「日本オラクルのビジネスインテリジェンス・マーケテイングの現状」と題し貴重なご講演をいただきました。

1)『TPPの現状と問題点』(600~650pm)(質疑10分含む)
進藤栄一(国際アジア共同体学会会長、筑波大学名誉教授)-当協会顧問

2)『競争情報でビジネス競争に勝つ』(650~730pm)(質疑10分含む)
高橋正行(日本経済大学准教授、情報学博士)

3)『日本オラクルのビジネスインテリジェンス・マーケテイングの現状』
鎌田正広(日本オラクル社BI担当デイレクタ)(730~810pm)(含質疑10分)

23周年・第135回ビジネス情報研究会(2014-08-18)

第135回情報研究会は,米コーネル大学終身評議員・首都大学東京大学院客員教授の松延洋平先生(米ジョージタウン大学客員教授、元農林省勤務-当協会理事)に「ハワイから見た米国の太平洋戦略および食の安全問題」、新潟大学講師でサイバー情報、サイバーセキュリテイリイ研究で有名な亀田 修先生(当協会理事)に「サイバーセキュリテイとサイバースパイ」、日本安全保障・危機管理学会ワシントン事務所長で若手論客の吉川圭一氏に「9.11から3.11へ~日本版国土安全保障省設立の提案」について貴重なご講演をいただきました。

1)『ハワイから見た米国の太平洋戦略と食の安全問題』(600~650pm) (質疑10分含む)
松延洋平(首都大学東京大学院客員教授、米ジョージタウン大学客員教授)

2)『サイバーセキュリテイとサイバースパイ』(650~730pm)(質疑10分を含む)
亀田 修(新潟大学大学院講師、日本危機管理学会理事)

3)『9.11から3.11へ~日本版安全保障省設立の提案』(740~820pm)(質疑10分含む)
吉川圭一(日本安全保障危機管理学会ワシントン事務所長)