日本ビジネスインテリジェンス協会 研究会開催の御案内

25周年・第146回ビジネス・インテリジェンス研究会のご案内

PDFでのダウンロード: bisj-146-20160620invitaion

                   会長・名古屋市立大学特任教授 中川 十郎

五月晴れの下、新緑が目に染みる、すがすがしい気候の今日、この頃ですが、皆様にはますますご清祥にお過ごしのことと存じます。さて本年2月12日に創立25周年を迎えました当協会第146回情報研究会は、少子高齢化が急速に進みつつある日本で男性の3人に2人、女性の2人に1人がガンになり、65歳以上の4人に1人がアルツハイマー予備軍と、ゆゆしき時代を迎えている状況下、「健康医療情報」を中心に、当協会名誉顧問の広瀬輝夫・ニュヨーク医科大学臨床外科元教授、スリランカ・アユルベーダ省Perera博士の特別ご参加も得て下記要領で、国際文化会館講堂で開催します。健康医療に関心のある友人・知人もお誘いの上、皆様多数ご参加ください。

講演

1)『東洋、西洋医療の融合とTPPが日本の健康、医療に与える影響』(18:10-18:40)
広瀬輝夫・国際融合医療協会理事長、元ニュヨーク医科大学臨床外科教授

 

2)『伝統医療、スリランカ・アユルベーダの現代医療への応用』(18:40-19:10)
Danister Perera・スリランカ・アユルベーダ省・医学博士
『アユルベーダと新薬・コロイドヨード』前山和宏・鳳龍会クリニック院長

 

3)『音楽と特殊音響による自然治癒力活性化療法』(19:20-19:40)
平田小百合・サイマテイクスドクター、日本マナーサウンド協会代表理事

 

4)『珪素水活用療法』(19:40-19:55)
東 学 工学博士、グローバルハート顧問

 

5)『テラヘルツ、赤色光合成菌活用ココナッツオイル療法』(19:55-20:10)
山田千鶴子・サアン医学気功研究院理事長

 

6)『ICTの医療への活用の現状』(20:10~20:25)
成田徹郎・国際医療福祉大学大学院前特任准教授、IBM・BI部門元執行役員

 

7)『ワンストップ医療と国際医療観光の将来』(20:25~20:40)
古田一徳(ふるたクリニック院長、元北里大学准教授)

 

「質疑応答」(20:40~21:00)
希望者は講演会終了後、食事懇親会(4,000円)

 

日時;2016年6月20日(月)18:00~21:00

場所;国際文化会館講堂 港区六本木5-11-16
Tel.03-3470-4611

(大江戸線、南北線 麻布十番駅よりそれぞれ、5分および8分)

参加費:3,000円。学生1,000円。(資料代含む。食事なし。事前か事後食事下さい)

参加ご希望の方は6月13日(月) まで必着でお申込み下さい。

当日のキャンセルは恐縮ながら会費を申し受けますので、代理出席などをご配慮ください。

日本ビジネスインテリジェンス協会

御参加者氏名 (必須)

御申込種別 (必須)

所属

役職

御連絡先メールアドレス (必須)

申込対象研究会

御申込連絡事項

25周年・第145回ビジネス情報研究会(2016-3-17)

PDFでのダウンロード: bisj-145-20160418invitaion

25周年・第145回ビジネスインテリジェンス研究会のご案内

会長・名古屋市立大学特任教授 中川 十郎

 

春の訪れを感じさせる今日、この頃ですが、皆様にはますますご清祥にお過ごしのことと存じます。さて本年212日に創立25周年に入りました当協会情報研究会は第145回研究会を今回は交通至便のJR新宿駅中央東口から徒歩1分の「柿傳」7階の安与ホールで、中國をはじめとする新興国の経済停滞、EU, 米国、日本の経済変調など激変するグローバル情報、経済、経営、金融、貿易問題、情報を中心に下記要領で開催することにいたしました。世界経済、金融、経営、政治に関心をお持ちの友人、知人もお誘いの上、皆様多数ご参加ください。

講演

1)『食の安全と危機管理~それを支える我が国の情報交流の力は』(PM6:10~6:30)

松延洋平・首都大学東京、ジョージタウン大学客員教授、元農水省種苗課長

2)『ドラッカーと新たな文明社会のシナリオ』(PM6:30~6:50)

山縣俊夫・ドラッカー学会会員、地球システム倫理学会会員、元日立製作所

3)『日本の貿易・投資・通商戦略』(PM6:50~7:10)

山田晃久・横浜商科大学名誉教授、元日本貿易学会会長、経済学博士

4)『グローバル人材開発について』(PM7:20~7:40)

車田直昭・光洋ヒューマンサポート社長・伊大使館一等書記官、元経済産業省

5)『激動する国際金融情報を読む』(PM7:40~8:00)

大井幸子・SAIL NY社長、米国証券会社勤務、経済学博士

6)『グローバル・データーの収集と活用法』(PM8:00~8:20)

三井悠理・日経メディアマーケティング

 

全体質疑応答;820~850pm、 閉会 900pm(希望者は講演後、自弁で食事)

 

日時;  2016年4月18日(月)6:00pm~9:00pm

場所: 「安与ビル7階・安与ホール」新宿区新宿3-37-11、Tel 03-3352-5120

JR新宿駅中央東口→出口より徒歩1分

参加費:3000円。学生2000円。(資料代含む。食事無し。出席前後に食事下さい。)

 

日本ビジネスインテリジェンス協会

 

 

25周年・第144回ビジネス情報研究会(2016-2-15)

2016年、申年の新年はサウジアラビアによるイランとの断交、北朝鮮による水素爆弾の実験と波乱万丈の幕開けとなりました。内外インテリジェンス情報の収集、分析、活用がますます重要になって来ております中、25周年の新年 2016年2月15日 第144回BISJ情報研究会(於:東京都港区六本木5-11-16 国際文化会館)を21世紀に食料、環境問題とともに重要となるエネルギー、特に再生可能エネルギーの将来に関して下記の貴重な発表を頂きました。
多数の皆様の御参加を頂きまして、誠にありがとうございました。

講演

1)『エネルギ-大国インドネシアのエネルギ-開発の現状』(610~630pm)

イーザ・エスロン駐日インドネシア共和国特命全権大使

2)『エネルギー・スマートシテイと地方再生プロジェクト』(630~650pm)

塩田 康一・内閣府地方創生推進室参事官、経済産業省より出向

3)『住宅用太陽光発電の一実像』(650~710pm)

石黒辰雄・前アンリツ副社長、元NEC取締役、C&Cシステム研究所長)

4)『フィリピンの将来とココナッツオイルプロジェクト』(720~740pm)

棟田寛人・フィリピンハタ―鉱山開発会社代表

5)『インドネシアにおける太陽光発電の可能性』(740~800pm)

相徳勝信・太陽光発電協議会顧問、元日本電子工業役員

6)『インドネシア向け再生エネルギープロジェクト提言』(800~820pm)

堀内道夫・光と風の研究所社長、千葉大学、静岡大学客員教授

 

日本ビジネスインテリジェンス協会 会長 中川十郎